LoL世界大会「WCS」は韓国のSKT T1が優勝!

本日開催されたLoLの世界大会「WCS」はSKTがKOOを3:1で下して優勝、WCS史上初となる2冠達成を果たした。

優勝賞金は日本円で約1億2千万円となっており、準優勝で3000万円の賞金だ。
これまで無敗で決勝まで来たSKTだったが、無敗優勝を賭けた第三戦目にKOO側に一敗を許してしまった。
その後の4戦目はFakerのRyzeが大暴れし、LoLのスーパースターに相応しい活躍で見事優勝した。

ブロッコリーを持ち続けるFaker

CSqPpaBVAAAx2-WCSqJFBXWsAA45B-表彰式の間トロフィーではなく、”謎のブロッコリー”を持ち続けるFaker

CSqMHjGWcAAWPskその後、ブロッコリーは美味しく頂かれたが、何やら嫌そうな顔w

SKT T1優勝スキンはどうなる?

気になるのは優勝スキンだが、S2やS3では優勝した際のチャンピオンがスキンになっていたが、S4からどうやら違うとのこと。
優勝したSKTの各人が優勝スキンへの思い入れを語っている。


スキンがどうなるかはわからないが、Renektonが濃厚かも?

WCS楽しかった!
無敗優勝はならなかったけど、劣勢でもSKTは強さを見せつけてたね。
いつかはこの舞台に日本チームが立てるといいな!

ico_Teemo

コメントを書く

*