日本Riotのインタビューがついに来た!声優情報や現在の状況など

ライアットゲームズのディレクター斎藤氏のインタビューが複数のメディアに掲載されています。
インタビューでは、起用した声優の人数や、サービス開始に向けて動いている日本Riotが抱えている問題などについても触れられています。

齋藤氏:
お待たせしてしまっているのは,本当に申し訳ありません。今,日本サーバーの開設時期についてオフィシャルでお伝えできるのは,「桜の咲くころ」までには稼動させるということです。

4Gamer:
それは2016年の話……でいいんですよね?

齋藤氏:
来年です(笑)。Riot Gamesにはこういった情報を公にしないという“決まり”があって,「もうすぐです」としか言わないのが世界共通なんです。ただ,日本に関しては,プレイヤーの方々が長い間待たれていて,現在のプレイ環境に対するストレスも溜まっているという現状があります。それを本社にかけあいましたので,この場で明言させていただきます。「桜の咲くころ」です。

「League of Legends」の日本サーバーは「桜の咲くころ」に開設予定。ライアットゲームズのディレクターにインタビュー【4Gamer】

月間アクティブユーザー6700万人というLoLを擁し、世界中にサービスを提供するライアットゲームズは、プレイヤーからの声を積極的に取り入れる非常にオープンな運営スタイルでも知られる。その日本支社はどのようなことを考え、どのように日本サーバーを準備しているのか? 齋藤ディレクターにはローカライズの苦労から、日本上陸にかけるスタッフの熱意まで、幅広く語ってもらった。日本サーバー開始前、多くのプレイヤーを待たせているデリケートなタイミングとしては、可能な限り誠実に答えてもらったと言えるだろう。この時期、LoLプレイヤーなら誰もが気になるキーマンへのインタビューを、約1万字というボリュームでお届けしたい。

「桜の花が咲く頃までには」ライアット齋藤ディレクターが語る、LoL日本サーバー離陸前【automaton】

ローカライズする際に文字数制限があるため、漢字を使って文字数を減らす必要性があり、ライフスティールではなく物理吸命と命名した経緯などについても明らかになっています。
オープンは年内とする情報もありましたが、新しくインタビューで語られた内容では日本サーバーのオープンは来年になるのが確実だそうです。

 

一気に情報が出て来たなぁ~
日本鯖は来年か・・・LoL速報も一周年迎えてしまいそう
ライアットさん頑張って!

ico_Teemo

 

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    おっせぇ

コメントを書く

*