LJL開幕戦まとめ!同時視聴者1万2千人、クローズドベータ発表、LJLを優先した7th heavenの勝敗は?

LJLの開幕戦が1月17日に行われ、ライアットゲームズ主催ということもあり、一時は同時視聴者数1万2000人を超える盛況ぶりとなった。
最初の開幕式、プレゼンテーションではライアットゲームズの斎藤氏が登壇し、クローズドベータの開始を発表した。
大会試合も最初から注目度の高いカード「7th heaven」vs「Unsold stuff gaming」の一戦から始まり、終わりまで目が離せない展開が続いた。

ライアットゲームズのプレゼンテーション内容

・クローズドベータテスト開始!
募集した参加者からシステム負荷、日本語環境のフィードバックを募集する。
closebeta2世界的にプロモーションした動画と日本向けに発表したビハインドザシーンの動画の視聴数がほぼ同数だった。
このことから来る日本サーバーの注目度の高さがうかがえる。

・日本に根差した展開をする
札幌雪まつりにライアットゲームズのLoLが参加。
また、ファンアートやコスプレなどの日本コミュニティーに根差した展開も行っていく。
closebeta3・LJLはRIOT公式大会に、そしてチャレンジャーシリーズも新設
LJLはRIOT公式大会になったため、世界大会にも繋がるようになった。
そして今までは一時的に行っていたチャレンジャーシリーズだったが、これからは定期的に行っていくと発表した。

大会結果

7th heaven vs Unsold stuff gaming 2-1
CROOZ RJ vs Black eye 2-0
Detonation FM vs Rampage 2-0

まずは注目度の高いカード、「7th heaven」と「Unsold stuff gaming」の対戦からスタートした。
ライアットゲームズ公式ともあり、海外からの視聴者も多く、同時視聴者数は一時12000人を超えた。

lolljl1Twitch公式で紹介されているため海外からの視聴者も多く押し寄せた。

一試合目からEnty選手の操るBlitzcrankが恐るべき精度でフックを決め、序盤の有利で勢いに乗ったUSG側が押し切って勝利する形となった、二戦目も序盤から勢いに乗ったUSGがこのまま勝ち切るかと思われていたが
序盤から多くのキルを取られ不利な状態でのスタートとなった7th heaven側が劣勢を盛り返し、そのまま2戦目、三戦目と立て続けに勝利した。

ljlkaimaku2この日のために他の大会決勝を棄権していたため、負けた一戦目では辛辣なコメントが多く寄せられたが、2戦目、3戦目と強さを見せつけ名誉挽回を果たした。

※追記予定

1万2000人超えはスゲえええええ!

ico_Teemo

コメントを書く

*