日本が「プロゲーマー」に対してビザを発行!

法務省が「プロゲーマー」に対して興行ビザを発行するとの発表を行いました。

法務省は日本で賞金付きオンラインゲームのイベントに出場して生計を立てるプレーヤーに、興行ビザを発行する方針を固めた。まず、日本のプロチームに所属する韓国人選手にビザを発行する。オンラインゲームの対戦を観戦して楽しむ「eスポーツ」の人気が高まるなか、実力のある外国人選手の招請ができれば、今後のイベント開催に弾みがつきそうだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HZO_Q6A330C1EAF000/

恐らく国内初となるプロゲーマーに対してのビザの発行ですが、数週間前にはLJLの外国人選手が大量に帰国するという騒動もありました。

LoLフォーラム:LJLに出場している外国人選手のビザについて 彼らは就労許可を取得しているのでしょうか?

DFMは大丈夫なの?という意見に対して、外国人選手を擁しているDFMの梅崎氏は意味深な発言と共に黙秘を貫いていましたが、それには理由があったようですね・・・。

追記:ちなみにDFM代表の梅崎氏は連日意味深なツイートを繰り返していましたが、やはりこの件の事だったようです。


大きな前例を作ったことにより、日本のe-sportsもまた一歩前進するのではないでしょうか!


気になる興行ビザの発行対象は以下の様になっています。

興行ビザとは、演劇、演芸、演奏、スポーツ等の興行に係る活動またはその他の芸能活動を行う為のビザです。エンターテイメントビザ、芸能人ビザ、タレントビザや芸能ビザと言われます。
興行ビザは、外国人モデルや歌手、俳優、女優、ダンサー、音楽家、格闘家、タレント、プロスポーツ選手などがコンサート、TV出演、舞台出演等日本で仕事を行う際に取得する在留資格(ビザ)です。

近年、「興行ビザ」を取得した外国人による不法就労や不法残留が多発したため、平成18年6月1日より「興行ビザ」に関する基準省令が改正され、「興行ビザ」を取得するための基準が厳格化されました。現在では、非常に厳しく審査される在留資格の一つとなっています。
http://working-visa.net/visa/entertainment.html

前例ができた!ってのは大きな前進だね。
審査は厳しいだろうけど、道は開けている。
ico_Teemo

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ライセンス制度を設ける必要性
    そしてそれを隠して記事にするこのサイト

  2. By バカボット

    >ライセンス制度を設ける必要性

    どう考えても必要。
    現状、「プロゲーマーとは何か」がきっちりと定義されていないから、スポンサーもなしにプロを自称する連中が居る。
    DetonatioNやウメハラが育てているブランドを、勝手に使わせない為には免許制が有効。
    とりとめのないプロ定義の議論も要らなくなる。
    日本プロeスポーツ連盟に認可された選手のみが、プロということになる。

  3. By xyz

    合法入国の理由がまた一つ増えたな
    主導してるのは民進とカルトか
    わかりやすい

コメントを書く

*