LoL世界大会の賞金総額が4億を突破!短期間で当初の二倍まで成長

公式サイトで、LoLの世界大会賞金金額についての最新情報が発表されています。
ワードと、王者ゼドスキンの売り上げが加算された結果11日現在で、当初の二倍近い「約4億3000万円」に達したと報告されています。
決勝が始まる29日に再度賞金についてのアナウンスが行われる予定です。

b1a8d3461c1ecef3da8ddc66b268c9d63f3c8ef5

ロサンゼルスのステープルズセンターで行なわれる決勝戦まで約3週間となりました。そしてファンの皆さんからのサポートにより、Worldsの賞金総額は当初の約2倍となりました(10月11日時点)。王者ゼドとチャンピオンシップワードの売り上げから得られた賞金額は、賞金総額のうちの200万ドル(正確にいえば201万5000ドル)、日本円にして約2億100万円(※)を占めています!引き続き賞金総額の上昇を見守っていき、29日(現地時間)の決勝戦の前にあらためて皆さんにお知らせします。

優勝:40%
準優勝:15%

http://jp.lolesports.com/news/worlds2016prizepool

昨年の賞金総額は現在のドル円でいうと約2億1000万くらいだから、本当に倍近い!
視聴者も選手も運営もWin-Winなシステムで、Dota2なんかだと販売品の25%だけで今年は21億円に達していたし、10億を超えるかは怪しいけどまだまだ成長しそうだね。

去年書いた記事:『Dota2』世界大会の賞金が20億円以上に!優勝すれば億万長者
ico_Teemo

コメントを書く

*