RiotがMODやツールについての許可・不許可をまとめてくれたぞ!カスタムスキンは現時点ではOK

公式フォーラムにて、MODや非公式ツールについて過去のRioterによる反応、見解をまとめたスレッドが投稿されました。

modmod最近行われた非公式ツールおよびMODに対する一連のアカウント停止処置によって、何が許可されていて、何が許可されないのかについて混乱が生じています。この投稿で使用が許可されているものと利用規約に違反するものの区別が明確になればよいと願っています。

本ディスカッションで示された立場の正確性や有効性は必ずしも保証できないことをご了承ください。該当するツールへの変更や新情報の発覚に応じて、ライアットは特定のツールやMODに対する立場をいつでも変更する権利を持っています。さらに、このリストは包括的なものではありません。このリストに入っていないからといって、そのツールが使用可能であるということにはなりません。非公式ツールおよびMODは自己責任で使用してください(または一切使用しないでください)。

http://boards.jp.leagueoflegends.com/ja-jp/c/game-discussion/MEIEbJTx-oauiiismod-ocizoiuciz


長いので一部を引用。
カスタムスキンは自己責任のカテゴリーに分類されますが、現時点では許可。
使用者に著しいアドバンテージを与える場合などは適切な処置がされるとのこと。

    カスタムモデル&アートワーク(カスタムスキン) – 許可(現時点では)

ライアットは最近、カスタムスキンおよびカスタムモデルの使用に対する自らの立場を表明しました。これらのMODはプレイヤーサイドで問題を引き起こし(bug Splat/ゲームのクラッシュ)、ほとんどの場合、ゲームプレイに悪影響を及ぼす可能性があります。ライアットは今後もカスタムスキンの問題を注視していきますが、この方針に変更がある場合は、何らかの措置を取る前に発表があるはずです。できる限り最新の情報に更新するように努力しますが、ライアットが方針を変更したことに気付いたなら、下のコメント欄で知らせてください!

注意:これはMKLOL/MKJOGOが許可されたという意味ではないのでご注意ください。詳細については下にあるMKLoL/MKJOGOセクションをご覧ください。

cfgも一部の有利不利が付くような設定はダメみたいだね。
結局自己責任だから、何も入れないのが一番無難だね。
ico_Teemo

コメントを書く

*